校章

 宇部市の市章に『商高』の文字が配されています。

 周囲には、飛翔を願って平和のシンボル、鳩の翼をあしらっています。

校旗画像    校章画像


校訓

  一心 誠 創 実

       誠[誠実]・・・誠の心を持つ人間

       創[創造]・・・創造性豊かな人間

       実[実践]・・・たくましい実践力のある人間

校訓碑画像

 『一心』とは、まごころを持って、全力を尽くし真理を探究してやまないという永遠に変わらない人間としての生き方の根源的な姿を示すものです。
  この深い精神をふまえ、期待される宇部商生として、さらに21世紀を切り開いていくたくましい人間を育成するため、上の三つの指針『誠・創・実』を掲げました。

 ※上の写真は、本校前庭に設置されている校訓碑です。

  創立60周年記念事業(昭和59年11月)により建立されました。


沿革

年月 出来事
昭和2年4月 宇部市立宇部商業実践学校開校
校舎は神原尋常小学校(宇部市東区参宮通り)・本科62名、講習科31名
昭和4年3月 琴芝校舎(現保健センター)新築・移転
昭和10年10月 宇部市立宇部商業学校乙種昇格
本科(修業年限3年募集人員100名、定員300名)
研究科(修業年限1年定員50名)
昭和13年4月 宇部商業学校甲種昇格
修業年限5年募集人員150名・定員750名
昭和14年5月 宇部市下宮地(現宇部工業高校)の新校舎へ移転
昭和19年4月 4,5年生は県立へ移管・2,3年生工業学校に転入・1年生は募集停止
校舎は県立医学専門学校校舎へ充当
昭和20年3月 4,5年生同時に卒業・山口県立宇部工業学校に統合
昭和21年1月 山口県立宇部商業学校・修業年限4年定員200名
旧紡績会社跡(宇部市松月掘)で授業開始
昭和23年4月 山口県立宇部商業高等学校・新制高等学校発足
旧紡績会社跡(宇部市松月掘)へ移転
昭和24年4月 山口県立宇部農商高等学校・山口県立農業高等学校と統合
同校の商業科として新発足
昭和24年9月 現在地に普通教室を新築し、移転
昭和25年11月 学校所在地を「緑が丘」と命名
昭和28年1月 県教育委員会が宇部農、商分離を決定
昭和28年4月 山口県立宇部商業高等学校
昭和46年4月 事務科(1学級)設置に伴い商業科3学級編成
昭和47年3月 柔剣道場および特別教室新築
昭和48年12月 電子計算機組織(NEAC1240)導入
昭和52年3月 本館棟改築
昭和52年11月 創立50周年・校舎落成記念式挙行
昭和57年2月 第二グラウンド拡張造成工事完成
昭和59年3月 校訓「一心 - 誠・創・実」制定
昭和61年4月 情報管理科1学級を設置。昭和61年度から事務科の募集を停止
平成5年4月 制服改訂
平成15年4月 情報利用技術科1学級を設置。平成15年度から情報管理科の募集を停止
平成19年11月 創立80周年記念式典挙行
平成27年4月 総合情報科1学級を設置。平成27年度から情報利用技術科の募集を停止

  神原尋常小学校仮校舎画像

  神原尋常小学校仮校舎

  琴芝校舎画像

  琴芝校舎

  琴芝校舎跡地記念碑(現保健センター)画像

  琴芝校舎跡地記念碑(現保健センター)

  下宮地校舎画像

  下宮地校舎

  岡の原旧校舎建設中画像

  岡の原旧校舎建設中

  岡の原旧校舎画像

  岡の原旧校舎

▲ Page Top